sui-13’s diary

翻訳周辺の雑記

ランサーズとメディカル翻訳

こんにちは、sui-13です。

 

今日は、ランサーズとメディカル翻訳について述べてみたいと思います。

 

興味のある方は読んで下さい。

 

400円で応募した案件、あっさり発注者からキャンセルされました。

 

「良い候補者が集まらなかった」みたいなことがキャンセルの理由になっていましたが、

 

納得いくものではありません。

 

400円までダンピングしたのにそれは無いでしょう。

 

とにかく初受注に苦労してます。

 

ウェブライターで簡単に月20~30万稼げると言っていたのは本当なんでしょうか?

 

5月1日になると、サン・フレアアカデミーの医学・薬学の上級が始まります。

 

AI翻訳で医学分野もリプレースされるなら、上級は無駄な努力ということになりますが。

 

講座が8万円弱。

 

これは自腹でやる。

 

本気でやるため。

 

ウェブライターも厳しいということがこの1ヶ月で分かったので、翻訳会社のトライアルを受けるほうがいいですわ。

 

講座は標準で半年、無料延長がさらに半年。

 

5,6,7,8,9,10月で半年。 

 

11,12,1,2,3,4月で半年の延長。

 

3,4月は翻訳禁止なので、実質11,12,1,2月

 

体調と相談しながら翻訳しないと駄目ですが、5月1日はたぶんいけるでしょう。

 

ランサーズは2件応募して、1件目は、価格が高かったので落とされたのかな?と思い、

 

2件目は、最低入札価格400円で応募して落とされました。

 

ランサーズで初仕事を受注していたら、今頃ヒーヒー言いながら英和翻訳する所でしたが。

 

最低入札価格で応募して仕事が来ないのなら、どうすれば落札できるのかわかりません。

 

うん、無駄な努力になるかもしれんが、5月1日からサン・フレアアカデミーの医学・薬

 

学の上級を申し込むかな?