sui-13’s diary

翻訳周辺の雑記

息抜きとしての漫画。

どうも、sui-13です。

 

アメトークを見ていたら、「オススメの漫画」のプレゼンをしていたので、僕もしたいと思います。

 

興味を持った方は読んで下さい。

 

*いぼは、麻酔してピッと切って終わりでした。今は化膿止めを塗っています。

 

リアル 井上雄彦 リアルには「本物」と「現実」の意味があると思います。車椅子バ        

         スケの漫画ですが、丁寧に解説されているのですぐにハマると思い 

         ます。15巻が出るまで3年ぐらい間が空いたので、16巻出るかな~

         という感じです。井上雄彦は、「スラムダンク」で大ヒットを飛ば          

         した後、モーニングで宮本武蔵の漫画(「バガボンド」)の連載を  

         始め、世間をあっといわせます。現在連載はストップ中です。井上   

         雄彦は、漫画業界ではトップの画力と言われていますが、クオリ   

         ティーが落とせなくて、仕事が進まない江口寿史状態だと思いま 

         す。リアルは、名言多いです。例:「いい事も悪い事も永遠には続  

         かない」

 

おおきく振りかぶって  日本一展開の遅い高校野球漫画です。でも面白いです。

 

浦安鉄筋家族  日本では数少ない長編のストーリーギャグです。長編のギャクマンガ   

        は、あとは唐沢なおきぐらいしかいないと思います。逆再生ギャグ漫

        画など、実験的な事もやってます。それで発狂しないのは浜岡賢治の   

        凄い所だと思います。

 

働かないふたり ニートの兄妹の話。癒やされます。

 

ナニワ金融道  面白いし、役に立ちます。

 

ミナミの帝王  後半になると、主人公がコンサルタントみたくなります。

 

イニシャルD  峠の走り屋の話。親友がカローラレビン(86ではない)で走り屋でし

        た。

 

ナニワトモアレなにわ友あれ 大阪環状線の走り屋の話。

 

ドンケツ 九州の小倉のヤクザの話。主人公のロケマサが面白い。

 

東村アキコの実話系漫画(かくかくしかじか、ママはテンパリスト

            東村アキコの存在そのものが面白いです。

 

マスターキートン   1巻の「砂漠のカーリマン」は傑作。

 

サラ・イネスの漫画(大阪豆ゴハン誰も寝てはならぬ、セケンノハテマデ、ストロベリー)       サラ・イネスは脱力感がよい。

 

範馬刃牙シリーズ  グラップラー刃牙はとても良かったが、バキ、範馬刃牙刃牙

          道、バキ道になるにつれて、少年誌にしては暴力的な描写が多く

          なり、なんだかなあと思う。

 

餓狼伝      夢枕獏原作、板垣恵介画。途中で連載休止になっているのが惜し

         い。