sui-13’s diary

翻訳周辺の雑記

サン・フレアアカデミー医学・薬学上級。

どうも、sui-13です。

 

今日は、サン・フレアアカデミー医学・薬学上級について述べたいです。

 

興味のある方は読んで下さい。

 

まず、英和翻訳がどれぐらいの難度か体感してもらいたいと思います。

 

Clinical information was obtained through a detailed retrospective review of the medical records of all patients who received induction chemotherapy of chemoradiation for potentially resectable NSCLC and then underwent thoracotomy at Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, New York, NY. The data recorded included demographic information, smoking history and medical comorbidities (hypertension, coronary artery disease, heart failure, arrhythmia, diabetes, steroid dependence, and renal insufficiency).

Information about the extent of disease evaluation and the prechemotherapy clinical stage were collected, as were the results of pulmonary function tests, ventilation-perfusion scans, electrocardiograms, echocardiograms and stress tests. Details of the neoadjuvant treatment and of the surgical procedure were recorded. The final pathologic stage was classified according to the 1997 International System for Staging Lung Cancer, and the completeness of resection was defined using standard criteria. A complete resection, classified as R0, was defined as pathologic demonstration of negative tissue margins and an assessment by the surgeon that all detectable disease had been removed. Patients who had a complete gross resection in whom positive margins were found on final pathologic review were classified as having a microscopic incomplete resection, or R1. Gross residual disease after attempted resection was classified as R2.

 

これが課題文です。どうです、難しいでしょ?

 

ニューヨーク州ニューヨーク市にある Memorial Sloan-Kettering Cancer Center (メモリアル・スローン ケッタリングがんセンター)で、切除可能なNSCLC(非小細胞肺癌)に対して化学放射線療法の導入化学療法を受けた後、胸腔鏡手術を受けた全患者の医療記録を詳細に遡って調査して臨床情報は、得られた。 記録されたデータは、人口統計学的情報、喫煙歴、医学的併存疾患(高血圧、冠動脈疾患、心不全不整脈、糖尿病、ステロイド依存症、腎不全)などである。 病気の評価範囲と化学療法前の臨床段階に関する情報が収集され、肺機能検査、換気-血流スキャン、心電図、心臓超音波、ストレステストの結果も収集された。 また、ネオアジュバント治療と外科手術の詳細も記録された。 最終的な病理学的病期は、1997年の国際肺がん病期分類システムに基づいて分類され、切除の完全性は標準的な基準で定義された。 R0と分類された完全切除とは、病理学的に組織辺縁が陰性であることが証明され、検出可能な病変がすべて取り除かれたと外科医が判断した場合である。 肉眼的には完全切除であっても、最終的な病理検査で切除断端に陽性が認められた患者は、顕微鏡的には不完全切除であり、R1と分類された。 切除を試みた後の肉眼的残存病変はR2に分類された。

 

これが訳文です。まだ推敲の余地があるので、まだ提出しませんが。

中級よりは難しいですが、アメリアの定例トライアルよりは易しいです。