sui-13’s diary

翻訳周辺の雑記

提出課題2.

どうも、sui-13です。

 

提出課題1は推敲して昨日提出したので、提出課題2のDeepL訳を挙げたいと思います。

 

興味のある方は読んで下さい。

 

As presently defined, functional disorders represent a constellation of symptoms, some of which suggest the presence of altered perception while other symptoms point to disordered gastrointestinal function as the cause of the symptoms. There have been a growing number of reports demonstrating disordered autonomic function in subgroups of functional bowel patients. While a number of different methods were used to assess autonomic function, they generally point to decreased vagal (parasympathetic) outflow or increased sympathetic activity in conditions usually associated with slow or decreased gastrointestinal motility. Other studies found either increased cholinergic activity or decreased sympathetic activity in patients with symptoms compatible with increased motor activity. Under certain conditions, altered autonomic balance (including low vagal tone and increased sympathetic activity) may also alter visceral perception.

Autonomic dysfunction could also represent the physiological pathway accounting for many of the extraintestinal symptoms seen in irritable bowel syndrome (IBS) patients, and for some of the frequent gastrointestinal complaints reported by patients with disorders such as chronic fatigue and fibromyalgia.

現在の定義では、機能障害は一連の症状を表しており、その中には知覚の変化の存在を示唆するものもあれば、症状の原因として消化管機能の乱れを示すものもある。機能性腸疾患患者のサブグループにおいて、自律神経機能の乱れを示す報告が増えてきている。自律神経機能の評価には様々な方法が用いられているが、一般的には、消化管運動の低下を伴う状態では迷走神経(副交感神経)の流出が減少しているか、交感神経の活動が亢進していることが指摘されている。他の研究では、運動量の増加を伴う症状を持つ患者において、コリン作動性の増加または交感神経活動の減少が認められた。特定の条件下では、自律神経のバランスの変化(迷走神経緊張の低下と交感神経活動の増加を含む)が内臓知覚を変化させることもある。

自律神経失調症は、過敏性腸症候群IBS)患者に見られる腸管外の症状の多くや、慢性疲労線維筋痛症などの患者が頻繁に訴える消化器系の症状の原因となる生理学的経路である可能性もある。

 

一応訳文(らしき)ものに仕上がっていますが、英辞郎で英単語を調べたら、違う訳が出てくると思います。目処は10日後以内に提出ですね。